ページ内容の先頭シンジケートローンの組成参加について

新潟信用金庫 個人のお客様 > シンジケートローンの組成参加について

2017年06月30日更新

 新潟信用金庫(理事長:小松 茂樹)は、株式会社 北越銀行をアレンジャーとする、「古町通7番町地区市街地再開発事業(以下、「本事業」)」の事業主体である古町通7番町地区市街地再開発組合(所在地 新潟市中央区西堀前通7番町914番地、理事長 高橋 直道様)に対して組成されたシンジケートローンに参加いたしました。

 本事業は、同組合が主体となって、旧大和新潟店跡地とその周辺の建物を含む地域面積約0.8haを再開発し、商業・業務機能が一体となった複合施設(以下、「本施設」)を整備することを目的としております。
 また、本事業は、古くから新潟市の中心として発展してきた古町地区において本施設を整備することにより、中心商業地としての都市機能の再構築を図り、既存商店街や周辺市区の魅力づくりや回遊性の強化等商業環境の魅力向上に寄与する事業でもあることから、シンジケートローンの組成に参加いたしました。

当金庫は、今後も地域金融機関として地方創生の一躍を担い、お客さまのニーズに応え、地域経済の持続的な発展に貢献して参ります。

    このページの先頭へ