新潟しんきん

地域社会との繋がり

地域経済活性化への取り組み

当金庫は、新潟市とそれらの周辺市町村を主な事業区域として、地元の中小企業者や住民が会員となって、お互いに助け合い、お互いに発展していくことを共通の理念として運営されている相互扶助型の金融機関です。地元のお客様からお預かりした大切な資金(預金積立)は、地元で資金を必要とするお客様にご融資を行って、事業や生活の繁栄のお手伝いをするとともに、地域社会の一員として地元の中小企業者や住民との強い絆とネットワークを形成し、地域経済の持続的発展に努めております。また、金融機能の提供にとどまらず、文化、環境、教育といった面も視野に入れ、広く地域社会の活性化に積極的に取り組んでおります。

地域経済活性化への取り組み図

支援サービス

新潟しんきんビジネスマッチングサービスといい、新潟しんきん「信友会」会員のみなさまを中心としたお客様のビジネスニーズを信用金庫のネットワークを介して結びつけるサービスです。

ビジネスマッチングのフロー

ビジネスマッチングのフロー図

文化的・社会的貢献

文化活動

「MOTTAINAI キッズフリーマーケット」開催

2018年8月4日

創立90周年記念事業として地域の小学3年生から6年生が参加してNEXT21アトリウムで開催しました。フリーマーケットを通じてお金の大切さを伝えました。

しんきん寄席

2018年10月5日 新潟市民プラザ

抽選で800名の年金友の会の皆様をご招待。落語の林家三平師匠、なぞかけ漫談のねずっち、マジックのアリスをお招きし、大変ご好評をいただきました。

福祉活動

信用金庫の日に献血

2018年6月

信用金庫の日(6月15日)にちなんで、関東信用金庫協会の共同事業として役職員が献血に協力しました。

「うごくこども110ばん」事業開始

2008年6月16日~

各支店の車輌・バイク総勢約100台にステッカーを貼付し、地域の防犯事業の取組を開始しました。

地域行事への参加

新潟まつり大民謡流し

2018年8月10日

新潟の夏の一大イベントである新潟まつり「大民謡流し」に約150名の役職員が参加し、多勢の皆様と共に祭り初日を盛り上げました。

スポーツ振興への支援

ジュニアベースボールクリニック2018開催

2018年12月8日

創立90周年記念事業としてハードオフエコスタジアム新潟で少年野球教室を開催しました。ゲストに読売巨人軍鈴木尚広コーチと重信慎之介選手を迎えて、少年野球チームが指導を受けました。

「新潟しんきんカップ第30回記念 新潟市民綱引き大会」に特別協賛しました。

2019年2月24日

新潟市立鳥屋野総合体育館で行われた「第30回新潟市民綱引き大会」に特別協賛しました。会場は79チーム918人の出場者と応援を合わせた約1500人による熱気にあふれていました。

アルビレックス新潟のオフィシャルスポンサーです。

アルビレックス新潟サンクスデー

寄付

新潟まつり、新潟いのちの電話、新潟国際ボランティアセンター、新潟県トキ保護募金などに寄付をしています。

ボランティア活動の参加

2015年11月

全国の信用金庫と協力し、東日本大震災の被災地である宮城県気仙沼市に職員を派遣し、遺骨や遺留品の捜索活動をおこなってまいりました。

業務提携・協定

お客さまにより良い相談・支援体制を構築すべく、各方面と業務連携・協定等を取り交わしています。日本政策金融公庫ならびに新潟県中小企業診断士協会と「業務連携・協力に関する覚書」を締結しました。

国家戦略特区における指定金融機関の認定

2014年3月25日

当金庫は、内閣総理大臣から国家戦略特区支援利子補給交付要綱に定められている「国家戦略特区における指定金融機関」として認定を受けました。当金庫では、今後も国、県、市町村を含む外部機関と連携しながら、中小企業・ベンチャー企業等の支援を行い、地域経済の発展に努めてまいります。

その他

2017年2月15日~

当金庫は、役職員のワークライフバランスを考え 上司が部下の私生活とキャリアを応援し、全員が仕事と私生活を楽しめるように「イクボス宣言」を導入いたしました。